ダウンロード|プラグイン

  1. Home
  2. >
  3. OptiTrack
  4. >
  5. ソフトウェア
  6. >
  7. ダウンロード|プラグイン

プラグイン

ダウンロード

OpenVR Driver 2.1.1

OptiTrackシステムでHTC VIVE、VIVE Pro、VIVE Pro 2、Valve IndexおよびHP Reverb HMDを動かすためのOpenVRドライバです。

  • ファイルサイズ:9.6MB
  • ファイルフォーマット:MSI
  • 以下の環境でご使用いただけます。
    • Windows 64-bit, SteamVR
    • HTC VIVE, VIVE Pro, VIVE Pro 2, Valve Index, HP Reverb

Changelog

OpenVR Driver2.1.1 2021年11月9日

  • NatNet 4.0ファイルをサポートしました。

Unreal Engine 4 Plugin 2.27

リアルタイムに6自由度のrigid bodyデータとスケルトンをUnrealエンジンへストリーミングするインターフェースです。

  • ファイルサイズ:66.4MB
  • ファイルフォーマット:ZIP
  • 以下の環境でご使用いただけます。
    • Unreal Engine 4.27 Windows 64-bit Unreal Engine 4 プロジェクトで動作します。

Changelog

Unreal Engine 4 Plugin 2.27 2021年8月24日

  • Unreal Engine 4.27に対応しました。
  • NatNet 4.0のファイルを使用できるように更新しました。
  • Live Link プラグイン
    • Live Link Skeletons -Live Link プラグインを使用したスケルトンをボーンリマッピングでトラッキングできるようになりました。
  • ストリーミングクライアント
    • ネットワークが過度に混雑している場合、リジッドボディサブスクリプションの待ち時間が長くなるようになりました。
    • ごくまれに発生するリジッドボディのプリレンダリング時のクラッシュを防ぐためのチェック機能を追加しました。

過去のバージョンをダウンロード

詳細&動作条件 
  • リリース日:2021年11月4日
  • ファイルサイズ:63.1MB
  • ファイルフォーマット:ZIP
  • 以下の環境でご使用いただけます。
    • Unreal Engine 4.26,Windows 64-bit,Unreal Engine 4プロジェクトで動作します。
詳細&動作条件 
  • リリース日:2020年12月3日
  • ファイルサイズ:62.7MB
  • ファイルフォーマット:ZIP
  • 以下の環境でご使用いただけます。
    • Unreal Engine 4.25,Windows 64-bit,Unreal Engine 4プロジェクトで動作します。
詳細&動作条件 
  • リリース日:2020年4月22日
  • ファイルサイズ:39.0MB
  • ファイルフォーマット:ZIP
  • 以下の環境でご使用いただけます。
    • Unreal Engine 4.24,Windows 64-bit,Unreal Engine 4プロジェクトで動作します。

詳細&動作条件 

  • リリース日:2020年1月17日
  • ファイルサイズ:28.7MB
  • ファイルフォーマット:ZIP
  • 以下の環境でご使用いただけます。
    • Unreal Engine 4.23,Windows 64-bit,Unreal Engine 4プロジェクトで動作します。
    • リジットボディのストリーミング、スケルトンのストリーミング、Oculus Riftの実装用にソースコードが提供されています。

Unity Plugin 1.4.0

リアルタイムに6自由度のrigid bodyデータとスケルトンデータをUnityエンジンへストリーミングするインターフェースです。

  • ファイルサイズ:14.6MB
  • ファイルフォーマット:unitypackage
  • 以下の環境でご使用いただけます。
    • Windows 64-bit、32-bit
    • Unity 2021.1.16f1とUnity 2020.3.15f2でテストされました。

Changelog

Unity Plugin 1.4.0 2021年8月9日

  • カメラの位置を可視化する機能を追加しました。
  • フォースプレートの位置を可視化する機能を追加しました。
  • NatNet 4.0ファイルを使用するようにプラグインを更新しました。
  • 使用していないファイルを整理しました。

MotionBuilder Plugin 4.0.0

MotionBuilderでリアルタイムストリーミング&レコーディングをするためのプラグイン。
  • Motive 1.7以上を必要とします。
  • ファイルフォーマット:EXE
  • 対応バージョン
    • MotionBuilder 2017-2022 (64-bit)
  • インクルードデバイス
    • Insight VCS:Mobu Device
    • Optical Device
    • Skeleton Device

Changelog

MotionBuilder Plugin 4.0.0 2021年8月18日

  • アップデートバージョンのサポート – プラグインは、MotionBuilderバージョン2017から2022をサポートするようになりました。
  • タイムコードワークフローの改善 – タイムコードデータを使用する際のプラグイン機能を改善するための一連のプロパティを追加しました。また、タイムコードの値をMotionBuilderのタイムラインにマッピングする機能が追加されました。
  • プラグインに新しいプロパティ「Frame Rate」、「Mocap Frame ID」、および「Number of Subframes per Frame」を追加しました。
  • OptiTrackロゴを含む各プラグインのユーザーインターフェイスを更新しました。
  • インストーラーのビジュアルを更新しました。
  • コントロールパネルにバージョン番号が正しく表示されないバグを修正しました。
  • Pythonのラッパーを廃止しました。
  • Root Assetノード – 個々のストリーミングアセットの移動、回転、スケーリングに使用できるノードを追加する「Create Asset Roots」オプションが追加されました。
  • 視覚化されたエンドエフェクタ – MotionBuilderにストリーミングされたスケルトンをより適切に視覚化するために、スケルトンモデルにエンドエフェクタを追加しました。
  • 名前に「-」または「_」が含まれるスケルトンを使用しようとしたときに警告を表示するようにしました。
  • データ記述を複数回取得するコードを削除することで、スケルトンプラグインのパフォーマンスが向上しました。
  • 各アセットのシーンルートにタイムコードを追加しました。
  •  
  • ストリームされたデータからアクターを作成 – オプティカルプラグインに接続すると、ユーザーはマーカーデータからアクターを生成できるようになりました。
  • Organize by Assets – アセットに関連付けられたマーカーのグループを移動、回転、拡大縮小するために使用できるノードを追加する「Organize by Assets」オプションを追加しました。
  • Unlabeledマーカーワークフローの更新 – Unlabeledストリーミング機能を完全にリファクタリングしました。UnlabeledマーカーがMotionBuilderでオプティカルとして表示されるようになりました。これにより、Unlabeledマーカーに関連する他のいくつかの問題も修正されます。
  • OpticalプラグインがMotiveに接続するのにかかる時間を短縮しました。
  • Opticalプラグインを使用した際に、エッジケースでクラッシュすることがあったので修正しました。
  • OptiTrackプラグインのデバイスが入ったFBXファイルを保存/読み込みすると、ソフトウェアがハングアップする問題を修正しました。
  • アクターワークフローがその命名規則をサポートしていないため、名前にスペースを使用しているアセットに警告メッセージを追加しました。
  • ボーンの命名規則をリモートでFBXに設定します。
  • ライセンス不要に – バーチャルカメラデバイスは、他のMotionBuilderデバイスと同様に無料で提供されます。
  • タイムコードプロパティとキーイング補間コントロールがキー設定可能になりました。
  • OptiTrack Virtual Camera デバイス(VCS)は、MotionBuilder 2017、2018、および2022でサポートされています(2019年と2020年のバージョンは、これらの年のMotionBuilderにバグがあるためサポートされていません)

Maya Plugin 1.4.1

Maya内で動作するバーチャルカメラ用プラグイン
  • Motive 1.0以上, Arena 1.6.3以上, Tracking Tools 2.2.2以上を必要とします。
  • ファイルサイズ:11.1 MB (64-bit) and 9.07 MB (32-bit)
  • ファイルフォーマット:EXE
  • 2016年1月25日まで有効なライセンス
  • 対応バージョン:Maya 2011 (x86, x64), 2014 (x64), 2015 (x64), 2016 (x64)

Changelog

Maya Plugin 1.4.1 2016年1月25日

  • Maya2016をサポート。
  • プロファイルをロードする際の問題を修正。

VRPN Real-time Streaming

VRPNのソースコードおよびVRPNストリーミング用のサンプルプログラム。

Trackd Real-time Streaming

Tracking ToolsとTrackd broker用のTrackdモジュール実装。

マニュアル・ガイド等

MotionBuilderプラグインユーザーガイド
Insight VCS Mayaプラグインユーザーガイド

  1. Home
  2. >
  3. OptiTrack
  4. >
  5. ソフトウェア
  6. >
  7. ダウンロード|プラグイン

モーションキャプチャ実機デモ

ご検討中のカメラシステムのキャプチャ精度や範囲を、弊社スタジオにて無償でご確認いただけます。
また、最新のソフトウェアMotive3.0のデモも承っています。

ダウンロード

モーションキャプチャシステムのソフト・プラグイン・総合カタログ・事例をダウンロード

事例・動画集

事例・動画集

サポート

カメラ、ソフトウェアからシステム、ライセンス関連など、よくある質問

who we are

(株)スパイス
モーションキャプチャ事業部のご紹介

製品に関するご質問や実機デモのご依頼