Motive

OptiTrack基幹ソフトウェア

Motive

OptiTrackモーションキャプチャシステムの基幹ソフトウェアで、カメラの調整・キャリブレーション・収録・リアルタイムストリーミング・データ保存&出力・マーカーデータの編集など、すべての操作をこのソフトウェアで行います。

製品概要

スピーディに
キャプチャが始められる

Motiveはキャリブレーションワンドを数十秒振るだけでキャリブレーションが完了します。さらに剛体やスケルトンをワンクリックで作成することができるため、一度カメラをセットしてしまえば、起動からキャプチャまでスピーディに行うことができます。

高精度にこだわった設計

OptiTrackのローンチ以来、数々の進化を遂げたキャリブレーション。様々な目的や環境で最高のパフォーマンスをするための充実した詳細設定。Motiveには0.10mm以下の精度でキャプチャをするための数多くの工夫が施されています。

高精度にこだわった設計

OptiTrackのローンチ以来、数々の進化を遂げたキャリブレーション。様々な目的や環境で最高のパフォーマンスをするための充実した詳細設定。Motiveには0.10mm以下の精度でキャプチャをするための数多くの工夫が施されています。

業界トップクラスの
リアルタイム制御

ドローンやロボットアーム、VR/MR/ARなどの制御では「遅延」が最大の課題となります。その中でもOptiTrackが選ばれてきた理由は、業界トップのリアルタイム性と、リアルタイムストリーミングによるデータロスの少なさにあります。カメラ内で一次処理されたデータはOptiTrackのソフトウェアを活用することで遅延なくPCに届けられるため、スムーズに三次元化することが可能です。

壊れにくいスケルトン

Motive3.0では全く新しいスケルトンソルバを採用し、マーカーが見えなくなった時のノイズを劇的に減らしました。これにより今まで光学式では不得意とされてきた多人数やマーカーが隠れるようなシーンでもロバストにスケルトントラッキングを行います。

壊れにくいスケルトン

Motive3.0では全く新しいスケルトンソルバを採用し、マーカーが見えなくなった時のノイズを劇的に減らしました。これにより今まで光学式では不得意とされてきた多人数やマーカーが隠れるようなシーンでもロバストにスケルトントラッキングを行います。

優れた応用力

Motiveソフトウェアで取得したデータはリアルタイムに外部にストリーミングすることができます。無償のプラグインや業界標準のVRPN、Trackdの他にNatNet SDKという独自のプロトコルが提供されています。Motive APIを用いてC / C ++を使用してMotiveの様々な機能にアクセスすることも 可能です。

製品概要

Motive:Tracker

マーカー単体、剛体のトラッキングが可能なソフトウェアライセンス。
活用例:精度検証、ドローンカメラの制御、体一部分の解析など

Motive:Body

マーカー単体、剛体、骨格モデル(スケルトン)いずれのトラッキングも行えるソフトウェアライセンス。
活用例:CGアニメーション制作、Vtuber、人体解析

モーションキャプチャ実機デモ

ご検討中のカメラシステムのキャプチャ精度や範囲を、弊社スタジオにて無償でご確認いただけます。
また、最新のソフトウェアMotive3.0のデモも承っています。

ダウンロード

モーションキャプチャシステムのソフト・プラグイン・総合カタログ・事例をダウンロード

事例・動画集

事例・動画集

サポート

カメラ、ソフトウェアからシステム、ライセンス関連など、よくある質問

who we are

(株)スパイス
モーションキャプチャ事業部のご紹介

製品に関するご質問や実機デモのご依頼