Motive

OptiTrack基幹ソフトウェア

Motive

OptiTrackモーションキャプチャシステムの基幹ソフトウェアです。
カメラの調整からキャリブレーション、収録、リアルタイムストリーミング、
マーカー修正など一連のフローをこのソフトウェア上で行います。

OptiTrack基幹ソフトウェア

Motive

OptiTrackモーションキャプチャシステムの基幹ソフトウェアです。
カメラの調整からキャリブレーション、収録、リアルタイムストリーミング、
マーカー修正など一連のフローをこのソフトウェア上で行います。

Unbreakable

壊れないスケルトン

新しいスケルトンソルバ”Quantum Solver”は、スケルトントラッキングの精度を大幅に向上させ、『壊れないスケルトン』を実現しました。
アクターの骨格の動きを正確に定義することで、マーカーが隠れるような厳しい条件でも壊れずにトラッキングし続けることができます。
※ ”Quantum Solver”とはMotive:Body 3.X 用に開発された新しいソルバです。
” ソルバ” とは、実際に計測されたマーカーからスケルトンやボーンの位置・姿勢
(6 DoF)を推定するプログラムプロセスのことを指します。

High precision

高精度、低遅延

Motiveは0.2㎜以下の高精度で3次元位置姿勢のトラッキングをすることが
できます。また1つのシステムで同時に多人数・他剛体でもリアルタイムに
遅延なくキャプチャすることができます。

High precision

高精度、低遅延

Motiveは0.2㎜以下の高精度で3次元位置姿勢のトラッキングをすることができます。また1つのシステムで同時に多人数・他剛体でもリアルタイムに遅延なくキャプチャすることができます。

位置精度

+/-0.2mm※1

レイテンシー

9ms以下

回転精度

+/-0.1度※2

Easy setup

簡単にできるセットアップ

スケルトンや剛体の作成はワンクリックで行うことができます。
キャリブレーションは数十秒~数分で完了し、自動マスキング機能等も
ついているため、準備からキャプチャまで簡単かつスピーディに行うことができます。

Trained Markersets

あらゆる形状をトラッキング

布、紐、動物、表情、指など、マーカーさえ取り付けられれば、
ほとんどの形状をマーカーセットを形成してトラッキングが可能です。
人か剛体しかキャプチャできないといった従来の制約はありません。 ※Motive:Body 3.1以降のバージョンのみ対応

Easy setup

簡単にできるセットアップ

スケルトンや剛体の作成はワンクリックで行うことができます。キャリブレーションは数十秒~数分で完了し、自動マスキング機能等もついているため、準備からキャプチャまで簡単かつスピーディに行うことができます。

精度を保ち続けるキャリブレーション

Motiveではバックグラウンドで常にキャリブレーションをし続けるContinuous Calibrationを採用しているため、最新で最高の精度を保ったまま1日キャプチャすることできます。温度変化やカメラのちょっとした揺れなどが原因で精度が落ちる心配がありません。

Click Here
Click Here
Click Here
Click Here
Previous
Next

実証されたマーカーセット

Motive:Bodyは、科学的および臨床的に検証され、また論文審査のある専門誌で何度も使用されている多くのマーカーセットのライブラリを提供します。

  • Helen Hayes Markerset
  • Conventional Gait Model
  • Rizzoli Clinical Gait Model
  • Rizzoli Multi-Segment Foot Model

実証されたマーカーセット

Motive:Bodyは、科学的および臨床的に検証され、また論文審査のある専門誌で何度も使用されている多くのマーカーセットのライブラリを提供します。

  • Helen Hayes Markerset
  • Conventional Gait Model
  • Rizzoli Clinical Gait Model
  • Rizzoli Multi-Segment Foot Model
Click Here
Click Here
Click Here
Click Here
Previous
Next

フル解像度のリファレンスビデオ

すべてのOptiTrackカメラは、キャリブレーション&同期されたグレースケールのリファレンスビデオカメラとして使用できます。マーカー、剛体、スケルトンなどをリファレンスビデオに重ね合わせて確認できるため、後編集やデータ解析に役立てることができます。PrimeColorを使用することでカラー映像にすることも可能です。

充実した編集ツール

Quantum Solverにより、マーカー修正の時間が圧倒的に短縮されました。また、PythonやC#のテンプレートが付属しているので、後処理が必要な場合はそちらで対応も可能です。従来通り、ギャップ補間、スワップ補正などのマーカー修正を行うこともできます。

充実した編集ツール

Quantum Solverにより、マーカー修正の時間が圧倒的に短縮されました。また、PythonやC#のテンプレートが付属しているので、後処理が必要な場合はそちらで対応も可能です。従来通り、ギャップ補間、スワップ補正などのマーカー修正を行うこともできます。

幅広いストリーミングオプション

Motiveはあらゆる研究開発用ソフトウェアや3Dレンダリングソフト等にストリーミングすることができます。また無料のNatNet SDKやカメラSDKを使って独自のインターフェースを作成することも可能です。

 

 

ストリーミングプロトコル

 

 

NatNet (UDP with Multicast/Unicast options)
VRPN
TrackD

 

 

 

 

データ受信可能ソフトウェア

 

STT InSight
TheMotionMonitor
Visual3D
MATLAB
LabView

 

 

 

 

プラグイン

 

Unreal Engine
Unity
MotionBuilder
OpenVR (HMD Tracking)
Maya (VCS only)

 

OptiTrackのプラグイン

CGアニメーション、Vtuber、VRコンテンツなど様々なシーンでOptiTrackモーションキャプチャシステムを活用するため、各種プラグイン(無償)が用意されています。

OptiTrackの開発ツール

Motiveソフトウェアで3次元計測したトラッキングデータにネットワーク経由でアクセスするNatNet SDKと、カメラの制御・2DオブジェクトのトラッキングなどMotiveソフトウェアを使用せずに開発するためのパッケージ、Camera SDKなど紹介します。

グローブで繊細な指の動きをキャプチャ

スパイスが現在取り扱っているManus社およびStrechSense社のグローブは、Motive3.X内で全身のスケルトンデータとフィンガーデータを統合させて表示・出力することができます。手の甲の丸みや指の開閉など、光学式では表現できないような繊細な指の動きをデータ化することが可能です。

グローブで繊細な指の動きをキャプチャ

スパイスが現在取り扱っているManus社およびStrechSense社のグローブは、Motive3.X内で全身のスケルトンデータとフィンガーデータを統合させて表示・出力することができます。手の甲の丸みや指の開閉など、光学式では表現できないような繊細な指の動きをデータ化することが可能です。
※ Motive:Body 3.Xにて間もなく対応予定。

外部同期の入出力、ゲンロック、
タイムコード

eSync2を使用すればPrime / PrimeXシリーズカメラを任意の信号またはソースに同期させることができます。また録画やその他のイベントトリガーを、汎用入力とソフトウェアコマンドから管理できます。

Forceplateや筋電系との統合
および解析ソフト

AMTI / Bertec / Kistlerのデジタルフォースプレート、Delsysの筋電計、およびアナログデバイス(NI-DAQを介して)のプラグアンドプレイをネイティブサポートします。 さらに弊社では、複数の解析ソフトウェア(VENUS 3D、ANYBODY、ARMO、Frame-DIAS 6)を販売することが可能です。

Forceplateや筋電系との統合
および解析ソフト

AMTI / Bertec / Kistlerのデジタルフォースプレート、Delsysの筋電計、およびアナログデバイス(NI-DAQを介して)のプラグアンドプレイをネイティブサポートします。 さらに弊社では、複数の解析ソフトウェア(VENUS 3D、ANYBODY、ARMO、Frame-DIAS 6)を販売することが可能です。

※1. ほとんどのOptiTrackカメラ構成では、広いトラッキングエリアでも+/- 0.2mmの精度が得られます。要望する精度が実現するための機器構成についてはご相談ください。

※2. ほとんどのオプティトラックシステムは、3つ以上のパッシブマーカーまたはアクティブマーカーからグローバルオリエンテーション(回転)を導き出します。よって回転精度はこれらのマーカー間の距離によって変化する可能性があります。

モーションキャプチャ実機デモ

ご検討中のカメラシステムのキャプチャ精度や範囲を、弊社スタジオにて無償でご確認いただけます。
また、最新のソフトウェアMotive3.0のデモも承っています。

ダウンロード

モーションキャプチャシステムのソフト・プラグイン・総合カタログ・事例をダウンロード

事例・動画集

事例・動画集

サポート

カメラ、ソフトウェアからシステム、ライセンス関連など、よくある質問

who we are

(株)スパイス
モーションキャプチャ事業部のご紹介

製品に関するご質問や実機デモのご依頼