馬をモーションキャプチャで計測できるのか!?

収録協力

筑波ライディングパークインターナショナル

使用システム

カメラ:

PrimeX41  26台

PrimeColor  2台

ソフトウェア:Motive:Tracker

光学式のモーションキャプチャシステムは人やロボットなどあらゆる対象物をキャプチャすることが可能です。今回は乗馬クラブ「筑波ライディングパークインターナショナル」様ご協力のもと、馬のキャプチャに挑戦しました。

機材の設置​

システムは屋内馬場(覆馬場)に設置をさせてもらい、OptiTrackカメラの中でも最も解像度の高いPrime41を26台、ハイスピードでカラー映像が撮れるPrimeColorを2台設置しました。馬場の大きさは20m×40m、中央線上での動きをキャプチャしました。

結果

毛のある部分では汗をかいてしまうとマーカーを貼り付けているテープがはがれ、ツメの部分は地面との接触などで何度もマーカーが飛んで行くなどありましたが、キレイにキャプチャすることができました。

TrainedMarkerset

撮影時は実装されていませんでしたが、今ではMotive3.1にて、任意のマーカーセットを作り、トラッキングができるようになりました(TrainedMarkerset)。馬のスケルトン情報をMotiveに登録させ、各骨の位置姿勢を出力することができます。

Motive3.1について

スペシャルサンクス

筑波ライディングパークインターナショナル様
今回かなり大がかりなキャプチャになってしまいましたが、親身にご協力いただきまして誠にありがとうございました。

1mm以下の精度で人や物の3次元位置姿勢をトラッキングする光学式モーションキャプチャシステムです。